生活の注意点

シラチャの不動産賃貸は仲介業者の利用がお得!メリット・デメリットを紹介

シラチャの不動産賃貸は仲介業者の利用がお得!メリット・デメリットを紹介

シラチャで賃貸物件を借りるなら、不動産仲介業者を利用することをおすすめします。
この記事では、シラチャで賃貸物件を借りる方法や不動産仲介業者の役割・利用するメリットやデメリットを紹介します。賃貸物件の管理者(オーナー)と直接契約するときの注意点も紹介しますので、ぜひご参考にされてください。

目次

  1. シラチャで賃貸物件を借りる方法
  2. シラチャの不動産仲介業者の役割
  3. シラチャで不動産仲介業者を利用するメリット
  4. シラチャで不動産仲介業者を利用するとデメリットもある?
  5. シラチャで物件の管理者(オーナー)と直接契約するときの注意点
  6. シラチャの不動産仲介業者の選び方
  7. 最後に

シラチャで賃貸物件を借りる方法

シラチャで賃貸物件を借りる方法としては、不動産仲介業者を利用して契約をするのが一般的ですが、物件の管理者(オーナー)に直接問い合わせをして契約を結ぶこともできます。
賃貸物件の管理者(オーナー)と直接契約をすることももちろん可能ですが、後でトラブルに発展するケースが相次いでいるため、直接契約の場合は十分注意して進める必要があるでしょう。

特にシラチャでは、賃貸物件の管理者(オーナー)と直接契約をするよりも不動産仲介業者を利用したほうがメリットは高いため、これから賃貸物件を探す予定がある方は、まず不動産仲介業者に問い合わせをしてみるのがおすすめです。

シラチャの不動産仲介業者の役割

不動産仲介業者とは、その名の通り、賃貸契約において賃貸物件の管理者(オーナー)と契約者を仲介してくれる業者のことです。

希望条件やエリアに合わせてさまざまな賃貸物件を紹介してくれるので、複数の賃貸物件を比較検討しながら選ぶことができます。また、シラチャの仲介業者は、日本語で対応してくれることも多いため、タイ語に自信がない方やタイに駐在が決まったばかりで物件の管理者(オーナー)と直接やり取りするのが難しい方でも安心です。

シラチャで不動産仲介業者を利用するメリット

シラチャの不動産賃貸で仲介業者を利用するメリットは、以下の通りです。

無料の専用車両で案内してもらえる

シラチャの不動産仲介業者を利用すると、不動産物件の内覧時に無料の専用車両で案内してもらうことができます。
車で楽に移動ができるため、物件の場所を調べて自分で移動する必要がなく、複数の物件を1日で内覧することも可能です。

物件に関する不明点を日本語で問い合わせできる

シラチャの賃貸物件の管理者(オーナー)は、タイ語しか話せないケースも多く、日本語での問い合わせや質問は受け付けていないこともあります。
日本人向けの不動産仲介業者なら日本語でのやり取りが可能なため、不明点を代わりに問い合わせてもらうことができます。

入居や退去の立ち会いも依頼できる

シラチャで賃貸物件を借りる場合、契約時だけでなく、入居時や退去時にも賃貸物件の管理者(オーナー)とのやり取りが必要です。
タイ語しか話せない賃貸物件の管理者(オーナー)の立ち会いであっても、日本語で仲介してもらえる業者がいてくれると安心感があります。

引っ越し代負担、住宅保険などのサービスがある場合も

シラチャの不動産仲介業者のなかには、引っ越し代金を負担してくれたり、住宅保険を無償で付帯してくれたりなど、賃貸物件の契約以外にプラスαのサービスを受けられる場合もあります。
住宅保険は、火災のときだけでなく水漏れや盗難、退去時の原状回復費用にも利用できるので、無償付帯は嬉しいサービスです(保険が適用されないケースもございます)。

入居中に発生したトラブル対応も任せられる

シラチャの賃貸物件では、エアコンの水漏れや排水管の悪臭、害虫の侵入など、契約時だけでなく入居中にもさまざまなトラブルが発生する場合があります。
不動産仲介業者を利用することで、賃貸物件の管理者(オーナー)に修理などの対応を依頼する場合にも、間に入ってもらうことができて安心です。

シラチャでは、タイならではの原因で不具合が発生したり、独特の修理方法があるため、それを知らずに賃貸物件の管理者(オーナー)に直接問い合わせてしまうと、更なるトラブルに発展してしまう恐れがあります。
入居中にトラブルが発生したら、不明な点はまず不動産仲介業者に問い合わせてみるのが良いでしょう。仲介業者によっては、電話で簡単に問い合わせできるお客様相談室が設置されているところもあります。

シラチャで不動産仲介業者を利用するとデメリットもある?

シラチャで不動産仲介業者を利用すると「その分、家賃が高くなるのでは?」と考える方もいらっしゃるでしょう。
確かに直接物件と交渉した方が家賃は安くなる場合もありますが、そのようなケースはごく稀です。基本的には仲介業者を利用してもしなくても、毎月支払う家賃に差はありません。

シラチャで物件の管理者(オーナー)と直接契約するときの注意点

シラチャで不動産仲介業者を利用せず、賃貸物件の管理者(オーナー)と直接契約する場合は、以下の点に注意しておきましょう。

物件を自分で見に行く必要がある

シラチャの賃貸物件の管理者(オーナー)は、内覧の際に無料車両を用意してくれることはありません。そのため、基本的には、物件まで自力で移動する必要があります。
電車やバスなど公共交通機関に乗るのも慣れていないうちは、内覧に行くだけでもストレスになるでしょう。だからといってタクシーを使って移動すると、その分コストもかかってしまいます。

1つの物件に行くだけでも大変なので、1日で複数の物件を内覧して回るのは難しいかもしれません。

交渉は基本的にタイ語か英語

シラチャで賃貸物件の管理者(オーナー)と直接契約する場合、賃貸契約時の交渉は、基本的にタイ語もしくは英語でのやり取りとなります。サポートしてくれる仲介業者がいないため、コミュニケーションは全て自力で行うことになるでしょう。

意思の疎通が上手くいかない、確認事項を見落としてしまうといったトラブルが発生する可能性が高く、注意が必要です。

不動産会社のセカンドオピニオンがない

不動産仲介業者を利用しない場合、賃貸物件を調べ、内覧し、選ぶという比較検討の流れを、全て自力で行う必要があります。物件を選ぶときに、不動産仲介業者によるセカンドオピニオンを受けられない点はデメリットと言えるでしょう。

不動産仲介業者なら、実際に住んでいる住民からの評判や物件の周辺環境に関する情報など、さまざまな情報を持っているため、多くの情報をもとに比較検討することができます。

退去時の返金交渉ができず、トラブルが起きても泣き寝入りに

日本の賃貸物件でも敷金は返ってくるケースが多いですが、シラチャでも同じで、退去時にはデポジット(敷金)の返金交渉ができるようになっています。
しかし、タイ語が得意でない場合は、デポジット(敷金)の返金交渉をすることができず、返金が受けられないケースもあるようです。また、高額の補修費を請求されるなどのトラブルが起きても、交渉ができなければ泣き寝入りになってしまいます。

不動産仲介業者は、補修費の減額交渉やデポジット(敷金)の返金交渉の手続きも全て代行してくれるので、タイ語に不安がある場合は特に、不動産仲介業者を利用するのがおすすめです。

シラチャの不動産仲介業者の選び方

シラチャには不動産仲介業者がたくさんあります。不動産仲介業者を選ぶときは、以下のポイントに注目してみてください。

日本語対応が可能か

特に初めてシラチャに駐在する場合は、日本語対応してもらえる仲介業者を選ぶことをおすすめします。タイ語を勉強中であっても、不動産契約やトラブル対応時、いきなりタイ語でやり取りをするのは難しいでしょう。

日本語対応可能な不動産仲介業者なら、契約時はもちろん、内覧などにも日本語で質問することができます。さらに、日本人スタッフに対応してもらえる業者ならより安心できるでしょう。

お客様相談室、カスタマーサポートはあるか

シラチャで不動産仲介業者を選ぶときは、入居中のトラブルに対応してもらえるかどうかも、重要なポイントです。
エアコンの水漏れや害虫の侵入など、すぐに対応して欲しいトラブルが発生した際に電話で気軽に問い合わせできる窓口があるかどうか、必ず確認しておきましょう。

アフターサービスが充実しているか

シラチャの不動産仲介業者のなかには、契約時や入居中だけでなく、退去時や更新時、住み替えの際にもサポートしてくれるところもあります。

特に契約更新や退去時には、賃貸物件の管理者(オーナー)との交渉が必要になるので、交渉を代行してくれるアフターサービスが充実した業者がおすすめです。

無料サービスがあるかどうか

シラチャで不動産仲介業者を選ぶときは、引っ越し無料サービスや住宅保険の無償付帯など、どのような無料サービスがあるかも調べておきましょう。いくつかの業者を比較したうえで、サービスが充実しているところを選ぶのもおすすめです。

礼金や仲介手数料はかかるか

タイでの新生活には、何かと出費が重なります。不動産仲介業者のなかには、礼金や仲介手数料が無料となっているところもあるので、出費を抑えたい方はチェックしてみてください。

最後に

シラチャで賃貸物件を借りるなら、地元の不動産仲介業者を利用することをおすすめします。日本人スタッフが対応してくれる業者であれば、初めてタイで生活をするという方でも安心です。豊富な情報から物件を比較検討できるので、物件選びに失敗するリスクも抑えられます。

現地で日本人スタッフが対応する仲介業者をお探しの方は、ぜひディアライフにご相談ください。
ディアライフでは、日本人スタッフが専用車で物件のご案内をさせていただき、物件に関する情報はもちろん、物件の周辺環境やタイでの暮らしに関する情報もご案内させていただきます。賃貸契約手続きはもちろん、入居中のトラブルや退去時のデボジット交渉も代行させていただいておりますので、アフターサービスもお任せください。

また、ディアライフでは、礼金と仲介手数料をいただいておりません。そのため、「仲介業者を利用すると費用が高くなるのでは」と心配されている方も安心してご利用いただけるでしょう。

他にも引っ越し代金無料、全物件に住宅保険無償付帯など、各種サービスも充実しております。シラチャで賃貸物件をお探しの方、初めてのタイ暮らしで何からスタートすれば良いか分からないという方、まずはお気軽にディアライフまでお問い合わせください。